kompira冗長機能について

コメント

11件のコメント

  • 正式なコメント
    Ichiro Takahashi

    フィックスポイントの高橋です。

    Kompira enterprise は冗長構成をとることが可能となっております。冗長構成ではシングル構成とは別に追加のライセンスが必要となりますので、詳細につきましてはお手数ですが弊社営業担当までお問い合わせいただけますでしょうか。

    Kompira の冗長構成はアクティブ・スタンバイ構成となっており、アクティブ系ですべてのサービスが動作して機能を提供します。スタンバイ系では PostgreSQL と RabbitMQ のみ動作しており、これは常時アクティブ系と情報の同期を行なっており、速やかなフェイルオーバができるようになっております。

    Kompira と Zabbix の連携機能と仰っているのは、Zabbix から Kompira へのアラートの通知を受け取って自動処理することなどのことでしょうか?たとえばこうした外部から Kompira に向けての連携の場合は、アクティブな系のみに仮想IPアドレスを割り振る機能がございますので、これを利用していただくことで系が切り替わっても引き続き連携できるようにすることは出来ます。一方で、Zabbix など外部のシステムが冗長化されている場合につきましては、Kompira 側でそれに対応する特別な機能を持っているわけではございませんので、Kompira から働きかける連携を行なう場合は環境に合わせて個別に対応する必要があると思います。

    参考になさってみてください。

    以上、よろしくお願いいたします。

    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    ご回答、ありがとうございます。
    冗長化の設定/構成方法、動作フローなどの情報はどちらかで公開されているでしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • Ichiro Takahashi

    Kompira の冗長化の構成方法につきましては、Kompira にログインしたブラウザ画面の左上にある「ヘルプ」からオンラインドキュメントを開いていただくと、「1.8. 冗長構成管理」に簡単ではありますが説明がございます。

    動作フローなどの内部情報につきましては特に公開している情報はございませんが、冗長構成の機構としては OSS である Pacemaker を用いておりますので、検索していただくと参考になる情報が見つかるかもしれません。

    以上、よろしくお願いいたします。

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    冗長化を行う際、機能ライセンスは2つ(プライマリとセカンダリ)分購入する必要があるでしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    冗長化を行う場合には、通常のライセンスの他にスタンバイライセンスが必要となります。

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    スタンバイ装置用の通常ライセンスは不要、という理解で大丈夫でしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    はい。通常ライセンスを2本ご購入いただく必要はございません。

    冗長構成を組まれる場合、

    - 通常ライセンス(アクティブライセンス)

    - スタンバイライセンス

    の2つをご購入いただく必要がございます。

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    kompiraのactive-standbyの切り替えが発生した際、ユーザに通知を行うことは可能でしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    冗長切り替え時にユーザに通知する機能はございませんが、Kompiraサーバが起動した際に、自動で実行開始するジョブフローを登録しておくことができますので、そのジョブフローの中で通知したいユーザにメール送信することで、同等の処理を実現することが可能です。

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    Kompiraの冗長化機能はPacemakerによるものだと認識しています。
    Kompiraの冗長化機能はセカンダリでもkompiraサーバは起動していて、代表IPアドレスが切り替わるだけだと想像していたのですが、そうではなくてプライマリダウンを検出後にセカンダリでkompiraが初期起動する仕組みなのでしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    セカンダリのKompiraサーバはOSレベルでは起動しておりますが、Komipraのエンジンプロセス(kompirad)は開始しておらず、冗長構成切り替え時に起動するようになっております。

    したがいまして、切り替わったタイミングでセカンダリのkompiradが起動し、登録したジョブフローが実行を開始することになります。

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。