「トークンの失効日」について

完了

コメント

2件のコメント

  • 正式なコメント
    Kompiraサポートチーム

    ご質問ありがとうございます。回答いたします。

    Ksocketトークンの失効日は、そのトークンを用いてKsocketが新規接続できなくなる日を指しています。

    現在のところ、すでに接続されているKsocketが強制切断されることはありません。しかしながら、何らかの理由によりKsocketが再起動した場合や、ネットワークが一時的に不通となった場合の再接続ができなくなります。よって失効したトークンは使用せず、再度新しいトークンを発行し設定することが必要となります。

    Ksocketに新しいトークンを設定する方法につきましては、ダウンロードページのKsocketユーザーマニュアルをご参照ください。
    マニュアル内の 2.2.3 設定の変更にて connect.token を変更することにより再設定が可能です。マニュアルにも書いておりますとおり、設定後にはKsocketの再起動が必要となりますのでご注意ください。

    別な方法としましては、Ksocketの再インストールによってもトークンを再設定することは可能です。

    ダウンロードページ: https://blog.cloud.kompira.jp/entry/downloads

    よろしくお願いいたします。

    コメントアクション Permalink
  • kojin

    詳細なご回答ありがとうございます。

    設定する上で非常に参考になりました。

    本件、クローズして頂いて大丈夫です。

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。