kompiraの冗長化時の手動切り替え方法について

コメント

1件のコメント

  • 正式なコメント
    Ichiro Takahashi

    フィックスポイントの高橋です。

    冗長構成を一度に切り替えるためのコマンドなどはございませんが、以下の手順で切り替えることは可能です。

    • アクティブ・スタンバイともに正常に動作していることを確認する。
    • 何らかの方法でフェイルオーバーさせて、一時的に片系で動作させる。
    • ダウンしたノードで /opt/kompira/bin/sync_master.sh を実行することで冗長構成を回復させる。

    ここのフェイルオーバーをさせる方法とは、アクティブ系のサーバを故障に見せかけることなので、以下のようなやりかたがあります。

    • アクティブ系のサーバを再起動させる。
    • アクティブ系のサーバの pacemaker サービスを停止させる: systemctl stop pacemaker

    参考になさってみてください。

    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。