KcPieonとenterpriseの連携について

回答済み

コメント

1件のコメント

  • 正式なコメント
    Kompiraサポートチーム

    ご質問ありがとうございます。
    Kompira cloud開発チームの本田と申します。
    回答させていただきます。

    ・電話連絡時に回線の空きがない場合の挙動について

    回線に空きがない場合連絡は「開始待ち」ステータスとなり、回線が空き次第自動的に連絡を開始します。

    ・Kompira enterpriseからの架電情報の取得について

    Pigeonの架電実行時には一意な結果IDが発行され、これを用いてWeb APIより架電情報の取得が可能です。
    Kompira enterpriseとの連携を行う場合、例えば下記のようなフローで実現可能です。

    1. PigeonのWeb APIリクエストを行い、架電実行を行う
    2. レスポンスから結果IDを取得する
    3. 一定時間ごとに架電情報APIから情報を取得(ポーリング)する
    4. 架電情報内のステータスを確認する
    5. 架電終了を示すステータスを確認したら、次の処理(メール連絡やインシデント登録)を実行する

    またこちらはベータ機能となりますが、Pigeonでの連絡終了時に架電結果をメール通知するようAPIから設定が可能です。
    この通知メールをKompira enterpriseで取得し、これを契機にメール内容から架電情報を取得しつつ、次の処理に繋げる形でも実現可能となります。

    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。