kompiraのライセンス購入単位について

コメント

9件のコメント

  • 服部健太

    井上様

    カウント方法は、基本的には2です。
    Kompira enterpriseは、
    SSHもしくはwinrmで接続するip数をカウントしており、1ip年間6万円のサブスクリプションライセンスとなっております。
    100,200,500,1000単位で、ボリュームディスカウントがされます。
    金額に関しては、ご利用の代理店にお聞きください。

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    すると
    https://www.kompira.jp/qa/automatable_servers/

    上記サイト記載の
    Kompira enterprise1ライセンスを導入したらサーバ何台まで自動化可能ですか?
    数量での制限は設けておりません。実績では、数十万ノードまでの処理実績があります。

    はどのような意味になるでしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    井上様

    機能的に、処理対象のサーバ数の制限は設けておりません。
    実績においては、数万ノードの処理実績がございます。
    ただ、ライセンス体系に関しては
    先程述べた通りです。
    語弊を招く表現で申し訳御座いません。

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    例えば10台のサーバにsshでログインしてコマンドを実行するスクリプトをkompiraが起動しているサーバに用意します。
    alert受信の延長でジョブフローで上記スクリプトを実行するとします。
    この場合は10個のライセンスが必要でしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    Kompiraのジョブフロー内で直接リモートコマンドを実行するのではなく、お客様がご用意したスクリプト内部でSSH等でリモートコマンドを実行する場合、そこからアクセスする対象のノード数はKompiraのカウント対象外となります。

    したがいまして、上記ケースの場合は、10IPライセンスは必要ございません。

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    kompiraに通知を行うサーバのIPアドレスはkompiraのライセンスのカウウト対象となるでしょうか?

    例えば、100台のサーバーから定期的に
    kompira_sendevt
    を使用してイベント通知を行い、別な1台のサーバに対してリモートコマンドを実行する場合、
    必要なライセンスは101個でしょうか?
    それとも1個のライセンスでしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    kompira_sendevtのインストール数は、ライセンスのIP数には含まれませんので、この場合、1IPライセンスとなります。

     

     

    0
    コメントアクション Permalink
  • 井上雄一

    全くkompiraによるssh機能を使用しない場合でも、1IPライセンスを購入する形でしょうか?
    つまり、自動化対象IPアドレスがない0IPライセンス(基本ライセンス)のようなものはないでしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    はい。0IPライセンスというのはございませんので、たとえssh機能を使用しない場合でも、

    基本ライセンスとして1IPラインセンスをご購入いただく形となります。

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。