WinRMでの情報取得に使用するユーザー権限について

完了

コメント

2件のコメント

  • 正式なコメント
    Kompiraサポートチーム

    ご質問ありがとうございます。

    プロダクトデベロップメント部の杉本です。

     

    ksocketにてWindowsをスキャンする際に対象Windows機のユーザーに必要な権限は、必須権限として以下のものがあります。

    • 対象ホスト全体での PowerShell の実行権限
    • WinRM (Windows Remote Management) の有効化
    • BASIC 認証の有効化(ローカルユーザー利用時)
    • WinRM ユーザーが WinRS (Windows Remote Shell) にアクセスする権限
    • WinRM ユーザーが WMI リソースにアクセスする権限

    上記の設定方法を解説したものがこちら、さらにこれらの設定を自動的に行うためのスクリプトがこちらにて紹介されています。

    また、なくても動きますが、

    • WinRM 経由で Get-AppxPackage を実行する権限

    があると、UWP アプリの一覧が取得できるようになります。

    コメントアクション Permalink
  • anonymous

    ご回答ありがとうございます。

    わかりました、本件クローズでお願いいたします。

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。