Kompiraで利用するPython3バージョンについて

コメント

4件のコメント

  • 正式なコメント
    Ichiro Takahashi

    フィックスポイントの高橋です。

    誤認識いただいているとおり、現状の Kompira v1.6 系では Python 3.6 系での開発および動作確認を行なっており、Python 3.7 系以上での動作確認は出来ておりません。Python 3.6 系のサポートが切れていることから、より新しいバージョンへの移行を検討しておりますが、現時点でどのリリースで対応できるかお答えできる準備が整っておりません。

    ちなみに、インストール時に利用する Python を明示的に指定することは出来るようにはなっておりますが、配布している Kompira パッケージは Python3.6 系でコンパイルしたものであるため、Python 3.6 系以外の処理系ではバイナリの互換性がなく動作しません。

    よって、現状では Python 3.7 系以上で Kompira を動作させられない、となります。

    コメントアクション Permalink
  • ueyama_tomoaki

    ご回答ありがとうございます。上記内容承知しました。

    ちなみに、別件のジョブマネージャ上に配置のスクリプトの件、中身Pythonのものもありまして、

    ・CentOS7.9
    ・kompira ジョブマネージャパッケージをインストール
    ・Python3.9(make altinstallでインストール)
    ・以下の状態
         python3 --vesion 
         Python 3.6.8
         python3.9 --version
         Python 3.9.11
    ・python3.9 -m venv venv で仮想環境作成
    ・スクリプトのshebangに#!/usr/src/cmd/venv/bin/python3を指定

    上記環境で動作させていて、Kompira(jobmngr)の動作環境には直接影響ないと思っているのですが、
    問題ないでしょうか?

    0
    コメントアクション Permalink
  • Ichiro Takahashi

    上記環境で動作させていて、Kompira(jobmngr)の動作環境には直接影響ないと思っているのですが、問題ないでしょうか?

    はい、問題ありません。Kompia 本体やジョブマネージャ単体の場合も、インストール時に互換性のある python で専用の環境を /opt/kompira 配下に作成して、そこの python で動作しますので、同ディレクトリの環境を崩さなければ大丈夫です。

    0
    コメントアクション Permalink
  • ueyama_tomoaki

    ご回答ありがとうございます。上記承知しました。

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。