ジョブフローの実行中にKompiraをインストールしているサーバが停止した場合の動作について

回答済み

コメント

2件のコメント

  • 正式なコメント
    Ichiro Takahashi

    フィックスポイントの高橋です。

    ジョブフローの実行は Kompira サーバ上の kompirad というサービスが担っており、kompirad サービスが停止および再開した際の挙動についてご説明いたします。

    まず共通して、kompirad サービスが停止すると、実行中であったジョブフローもその動作を停止します。ただし、プロセスの状態はとくに更新されないため、ブラウザアクセスが可能な状態であればこの時点ではプロセス一覧では「実行」や「待ち」といったままの状態として確認できるはずです。

    次に、kompirad が起動した場合については、ジョブフローの実行に際して「チェックポイントモード」という設定があり、これによって挙動が変わります。

    • チェックポイントモードが OFF であった場合(デフォルト)、実行中であったプロセスは「異常終了」という状態になり、動作を継続することはできません。
    • チェックポイントモードが ON であった場合、実行中であったプロセスは「停止中」状態として再開可能な状態で待機します。該当するプロセス詳細画面で「続行」ボタンを押していただくことで、ジョブフローの動作を継続することができます。

    チェックポイントモードはジョブフロー実行画面の「設定」タブに「チェックポイントモード」というチェックボックスで指定することが出来ます。また、ジョブフロー編集画面の「デフォルトチェックポイントモード」でデフォルト値を設定することも出来ます。

    一方で、チェックポイントモードを ON にしていると、ジョブフローの動作中に実行状態をデーターベースに随時記録するため、そのオーバーヘッドにより動作が遅くなりますのでご注意ください。

    参考になさってみてください。

    コメントアクション Permalink
  • ide

    フィックスポイント 高橋様

    ご回答ありがとうございます。
    チェックポイントモードに設定によって挙動が変わるのですね。

    本件、クローズとさせてください。

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。