Kompira enterpriseライセンス更新時のサービス影響について

コメント

1件のコメント

  • 正式なコメント
    Ichiro Takahashi

    フィックスポイントの高橋です。

    正しくライセンスが更新される場合、稼働中の Kompira サービスに何らか影響を与えることはありません(少なくとも何らか問題が生じたというご報告はありません)。

    ブラウザからライセンス更新、または管理用の manage.py license_update コマンドを用いたライセンス更新を推奨しており、この場合はノードIDが間違えたライセンスの登録は防止されます。一方、古い手順として、ライセンスファイルを手作業でサーバ上の決められたディレクトリに配置するやり方ですと、間違えたライセンスファイルの配置も可能になってしまい、その場合は、更新後に Kompira が適切に動作しなくなってしまいます。

    また、ノード数制限などの上限数を減らしたライセンスを更新するような場面では、ライセンス更新後に制限にかかってしまうといった可能性もありますが、現状と同等以上のライセンスに更新される場合は問題ございません。

    参考になさってみてください。

    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。