AlertHubの情報採取機能・スケジュール機能について

回答済み

コメント

1件のコメント

  • Kompiraサポートチーム

    ご質問ありがとうございます。
    回答させていただきます。

    ①AlertHubで、本文や件名との比較・一致などの機能がありますが、こちらはoutlook mail のヘッダー(受信日付)部分の取り出しなどは可能でしょうか?

    メールのヘッダ情報は message.metadata.headers より取得可能となっており、例えばメールの Date ヘッダを使用する場合は

    message.metadata.headers.Date

    を参照します。

    また、画面上ではメッセージの詳細画面より、「メタデータ」→「ヘッダ」にて受信したメールのヘッダ情報が確認可能です。

    ②AlertHubに静観スケジュール機能がありますが、土日だったら(指定時間帯だったら)別の架電アクションを起動するといった切り分けは出来ますか?
    マニュアルでは「実行させない」の機能のみに見受けられます。

    こちらはおっしゃる通り「静観」のための機能となっており、指定時間帯のアクション発生を抑制するのみで、複数のアクションを使い分ける、という動きが出来る物ではございません。

    また、現時点でこれを直接的に取り扱える機能がなく、要望として他のお客様からもよくいただくものであり検討を行ってはいるものの、まだ具体的な機能公開の予定が立っている状態にございません。

    代替手段としましては、全く同じトリガー設定をしたスコープを2つ用意し、それぞれ真逆の静観スケジュール指定を行う、という方針が考えられます。もう少し具体的な流れで書きますと、下記のようになります。

    1. 2つのスコープを用意する
    2. トリガーとして、それぞれのスコープに全く同じ条件を設定する
    3. トリガーに設定するアクションとして、それぞれ異なるものを設定する
    4. 静観スケジュールとして、それぞれのアクションを適用しない時間帯を設定する
    5. ルールの設定により、2つのスコープに同時にイベントが発行されるようにする

    以上、よろしくお願いいたします。

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。