型オブジェクトを変更したときのテーブルデータについて

コメント

2件のコメント

  • 正式なコメント
    Ichiro Takahashi

    フィックスポイントの高橋です。

    型オブジェクトを変更したとき、それに関連しているテーブルデータの型は変更前のものになっていると思います。
    このデータを変更後の型オブジェクトに対応させるには、データの中身を書き換える必要があるのでしょうか?

    まず注意が必要ですが、『テーブルの「型オブジェクト」の変更』といっても2通りございます。

    1.  テーブルオブジェクトを編集して、そのテーブルに関連付ける「オブジェクト型」自体を別の型オブジェクトに変更すること。
    2. テーブルオブジェクトはそのままで、関連付けられている「型オブジェクト」を編集して、そのフィールド定義を変更すること。

    現状では、いずれの場合においても、中身のオブジェクトについては(型も変わらず)以前のままで残ります。

    まず 2. の場合については、テーブルに含まれるオブジェクトを開いて「編集」すると、新しいフィールド定義での編集画面が開いて「データの中身を書き換える」ことができます。データの書き換えという作業は必要になります。

    1. の場合ですが、こちらはテーブルに含まれるオブジェクトを開いて「編集」しても、(テーブルに新たに関連付けた型とは関係なく)そのオブジェクトの型での編集となります。テーブルに新たに関連付けた型オブジェクトで既存オブジェクトの「データの中身を書き換える」ということはできず、そのテーブルに新たにオブジェクトを新規作成していただく必要があります。

    参考になさってください。

    なお、これらの点については改善の余地があるということは認識しており、今後のバージョンアップでより使いやすくできないか検討したいと思います。

    コメントアクション Permalink
  • ak

    ご回答ありがとうございます。

    作業としては2.になるので、型オブジェクトを変更した後にデータを書き換えるようにします。

    ありがとうございました。

     

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。