ルートディレクトリの場所について

コメント

3件のコメント

  • 正式なコメント
    服部健太

    ご質問の意図は、KompiraEnterprise のルートディレクトリはKompiraが動作している Linux サーバのファイルシステム上のどの位置に対応するかをお知りになりたい、ということでしょうか?

    Kompiraのジョブフローなどのオブジェクト全体(ルートディレクトリも含む)は Linux のファイルシステム上のファイルやディレクトリとして1対1にマッピングされているのではなく、PostgreSQL DB 上にKompira独自のDBスキーマのレコードとして保存されております。

    したがいまして、ご質問に関する答えとしましては、PostgreSQL DBのデータファイル(KEv1.6の場合は、/var/lib/pgsql/12/data 配下)ということになります。

     

    コメントアクション Permalink
  • 溝口 晃平

    ご回答ありがとうございます。
    質問の意図は、ご認識の通りとなります。

    1点追加でご質問させてください。

    下記<例>の様にKompiraEnterpriseのURLに任意でページを追加することはできないでしょうか。
    追加できる場合は追加方法をご教授頂けないでしょうか。
    <例>
    https:<KompiraEnterpriseSereverIP>/test/test.txt

    0
    コメントアクション Permalink
  • 服部健太

    Kompiraのテキストオブジェクトを作成することで、Komipra上にHTMLやテキストのページを作成することは可能です。(ただし、オブジェクト名の制約上、アンダーバー(_)以外の記号をページ名に含めることはできません)

    作成手順:

    (1) Kompira上の任意ディレクトリ一覧から、テキスト型を選択してオブジェクトを新規作成する

    (2) テキストの新規作成画面から、テキストフィールドにHTMLテキストを入力し、拡張子に「html」コンテントタイプに「text/html」と入力して保存する

    (3) 当該ページに拡張子htmlをつけてアクセスすると(2)で入力したHTMLが表示される

    同様に拡張子を「txt」、コンテントタイプを「text/plain」に設定することで、プレーンテキストを追加することも可能です。

    以上、お試しいただければと思います。

     

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。