for文を利用したJSON形式の作成について

コメント

3件のコメント

  • masato kato

    ご担当者様

    お世話になっております。
    こちらの件ですが、検討を続けましたところ、detailDictionaryの定義をforブロックに含めることで解決いたしました。

    お騒がせし、申し訳ありませんでした。

    0
    コメントアクション Permalink
  • masato kato

    ご担当者様

    五月雨に失礼します。

    このジョブフローでは、毎回空のDictionaryを作って、そこへデータを追加しているのですが、
    せっかくtestJobAから返ってくるJSONを再構築しているのはやや面倒な処理だと感じられます。

    よりスマートなコーディングがあれば教えていただけないでしょうか。

    0
    コメントアクション Permalink
  • masato kato

    ご担当者様

    すみません。JSONを再構築しないコーディングについても色々と試した結果、解決しました。

    最終的に作成したコードは以下の通りです。

    # 変数定義
    [ testJobAResult    = {} ] ->
    [ testJobBResult    = {} ] ->
    [ ResultDictionary  = {} ] ->

    # ジョブAの実行
    [ testJobA ] ->

    # JSONの受け取り
    { try |
        [ testJobAResult = json_parse($RESULT) ]
    } =>
    # 取得したResultをforで回し、辞書に追加する
    { for elem in testJobAResult |
        # 処理中のarn用のdictionaryを挿入
        [ testJobAResult[elem] >> ResultDictionary[elem] ]
    } ->

    # ジョブBをジョブAのJSONの1階層目データをもとに実行
    { for elem in ResultDictionary |
        [ testJobB : parameter = elem ] ->
        # 辞書型の受け取り
        { try |
            [ testJobBResult = $RESULT ]
        } =>
        # 取得した情報をJSONに付け加える
        [ testJobBResult['column3'] >> ResultDictionary[elem]['column3'] ]
    }

     

    0
    コメントアクション Permalink

サインインしてコメントを残してください。